· 

8/19(水)オンライン・ミートアップ「みんなで高め合う提案スキル」~第5回~

皆さま、こんにちは!

APMPのJapan会員の皆さまが「提案」をきっかけに定期的に集う場の「ミートアップ」を実施しました。

今回は、7/22(水)~23(木) Winning Business Virtual ExperienceのJAPAN代表登壇者の式町さん、瀬戸さんにもご参加頂き、参加者の皆さんと提案に関する課題の共有と意見交換を行いました。皆様、ありがとうございました。

提案の課題共有では、以下の2点を全員で議論しました。

1.競合が驚くほどやすい価格で提示してくるとき、どうしてますか?

2.コロナでface to faceが難しいなか、提案の質をどうやって上げてるの?

 

1点目については、

無理に安く受注してしまうと、受注者・発注側も困る場合がある

重要なのは、「お客様が一番何を求めていたかを自組織は理解してご提案していたか」は絶対に外してはいけない。

もし、しっかりヒアリングを行い、お客様が求めていたものを提案できていれば 技術点は高くつく。次の提案は絶対に声がかかる。今後も継続して発注者とコミュニケーションを取る中で、再度声がかかる場合があるので、連絡は取り合おう などの意見がでました。

 

2点目では、

コロナでface to faceが難しく、勝てない営業が出てきているため、提案の質を上げるために「提供価値の上げ方」について参加者より以下のポイントを共有して頂きました。

・お客様が一番欲していることを知り、共感して頂く

・お客様に信頼して頂く

・お客様への透明性、透過性を示す

・新事業を一緒に作りだす意志を示す

 

また、決裁者が判断できるようにするにはどうすると良いのか、手法、ツール、準備の重要性について意見が出ました。

 

参加者の感想は、

「失注後の活動は会社の周りに答えが無かったが、お客様との関係を続けていくことの大事さを学んだ」「費用対効果を示すために、日頃から情報を蓄積しておくことの重要さを学んだ」「提案を浪花節でやっていたが、バリューを示すには、お客様の声をしっかり聴くことが大事だと学んだ」など

短い時間でしたが、課題解決の取り組みのきっかけを持ち帰って頂けていればうれしいです。

 

またAPMP活動として、「APMP日本支部会員向けBOK勉強会・ミートアップ活動」・「認定資格制度」の紹介、日本支部が表彰されたことなどを紹介させていただきました。

 

次回会員向けイベントは、以下です。

9/8(火)BOK勉強会

引き続き、Facebookのイベントページから周知させていただきます。
お試しを含め、ぜひ参加をご検討ください!(お試し参加は、
info@apmp.jp までご連絡願います)

 

今後も皆様と一緒に課題解決に取り組ませて頂けますと幸いです。

次回イベントで皆様とお会いできることをお待ちしています!