Bid & Proposal Con 2018 in San Diego

去る5月15日〜18日にかけて、アメリカ サンディエゴにてAPMPの年に一度の国際会議 APMP Bid & Proposal Con 2018が開催されました。日本支部からは代表式町が参加しました。

 

1000人を超える参加者が集い、プロポーザル、入札、事業開発に役立つセミナーや、支部の代表会議、認定資格試験が行われました。

 

詳細はこちら(英文となります)

https://www.apmp.org/page/sandiego

 

どういう参加者が参加しているかというと、日本人にわかりやすい職種では、プロポーザルのライターやグラフィックデザイナー、日本人に馴染みがない職種では、ビッドマネージャー、プロポーザルマネージャという専門職の人たちです。

 

このビッドマネージャー、プロポーザルマネージャーという人は、どういう人かというと、提案締切までの間に提案期間に発生する多様な仕事をスムーズに行い、少ない労力でたくさん受注することがミッションの人たちです。

 

どんなに短期間でも勝てる提案書がかける!

入札に特化した知識がある!

チームをまとめるスキルがある!

プライシングノウハウある!

営業からのどんな依頼にも適切に対応している!

 

というプライドを持って働いています。

 

日本では各々が自分流に仕事し、会社を超えて知識やノウハウを共有されることがない領域ですが、

実は共通したやり方があり、APMPは会員達が会社や国を超えてそのノウハウを共有しています。類似する職種で繋がって、共に成長しています。

 

詳しい様子はAPMPのフェイスブックもご覧ください。

https://www.facebook.com/APMP.org/

 

7月上旬に、日本支部のイベントとして、報告会を開催する予定です。

 

 

会場は、Sheraton San Diego Hotel & Marina
会場は、Sheraton San Diego Hotel & Marina
支部のリーダー会議では、支部運営のノウハウが国を超えて共有されました
支部のリーダー会議では、支部運営のノウハウが国を超えて共有されました
APMPへの多大な貢献を表彰するアワードディナー、写真は40才以下の若手メンバーの表彰の様子
APMPへの多大な貢献を表彰するアワードディナー、写真は40才以下の若手メンバーの表彰の様子

APMP BOK勉強会Season1 Day36 品質管理

プロポーザルのプロフェッショナルたちが実践しているノウハウが詰まったAPMP BOKを読み解く勉強会、残すところあと数回で終了します。これらを全て理解することで、APMP認定資格の初級レベルであるFOUNDATION認定に必要な知識が得られます。

 

----------------------------------

APMP BOK勉強会Season1 Day36開催しました。

 

今日のテーマは【品質管理】

 

品質というと、堅苦しいテーマという先入観がありました。

実際、堅苦しいテーマでした(笑)

 

一言で言ってしまうと

 基準を作って、その基準にのっとってPDCAを回す

となるのですが、

そこの基準をどのように作るのか、また品質の対象は何か?

という部分で共通のイメージを作るのに苦労しました。

 

しかし、最後に

 ・良いプロセスからしか良い結果は生まれない

 ・結果をコントロールできないので、プロセスを管理し、コントロールする

 ・品質のPDCAは予防、検出、処置

 ・ハインリッヒの法則

という発言から、皆の理解が深まったように思います。

 

やはり一人で悶々と考えるより、複数人で議論することで理解は深まりますね!

 

また次回も建設的な議論ができれば、と思います。

その次回は6/5、テーマは【ナレッジマネジメント/コラボレーションとプロポーザル自動化ツール】となります。

 

https://www.facebook.com/events/151131469060654/

 

営業・提案活動の知識向上に興味のある方は、ぜひご参加をご検討ください!

APMP BOK勉強会Season2 Day11 プライスツーウィン

APMP BOK勉強会Season2 Day11開催しました。

 

今日のテーマは【プライスツーウィン】

 

個人的には、BOKの中でも重要だけど最も難解な所です。提案を価格の決め方についての話でした。

 

業種や会社によっても違いが大きくて、記載も抽象度が高いので、会員同士の経験をシェアする場になりました。

 

個人的な大きな気づきは、以下の2点でした。

 

 ・価格を取り巻く情報については、CRMシステムなど(社内とはいえ)公の情報には乗らないものが多くある。

 

 ・論理的に決めるには、本当のお客様への提供価値ベースで価格をつけながら、案件に柔軟に合わせる。安易に決めない。

 

議論では、今の価格の決め方から、顧客や競合情報の管理の仕方、最終的な営業判断の流れなど広い範囲での意見交換が起きました。具体的な話は、日頃から提案の現場で活動しているメンバーならではの興味深い話がいくつもありました。

 

次回は5/29、テーマは【プロポーザル・テーマステートメント】となります。

 

https://www.facebook.com/events/588760788143243/

 

営業・提案活動の知識向上に興味のある方は、ぜひご参加をご検討ください!

 

---

APMP BOK勉強会 Season1 Day35

APMP BOK勉強会Season1 Day35を開催しました!

今日のテーマはなんと

 【デイリーチームマネジメント】。

 【プロダクションマネジメント】。

 【バーチャルチームマネジメント】。

の3本という盛りだくさんな内容の会になりました。

 

デイリーチームマネジメントでは

 WBSの作成・朝会の実施・進捗の見える化などすることで

 作業への集中・モチベーション向上を実現していく、など

 システム開発のプロジェクトの考え方と重複する部分もあり、

 比較的すっと腹落ちできました。

 

プロダクションマネジメントでは

 RFP受領前にプランニングすることをはじめとして

 早め早めの対応・不測の事態の予防

 が大切であることを学びました。

 プリンタなどの設備まで言及しているところは面白かったです。

 また、提案書のバージョン管理では各々の方法を共有しあい、

 議論としては非常に盛り上がりました。

 

バーチャルチームマネジメントでは

 バーチャルチームということで特別な配慮が必要なこと

 は比較的容易にイメージできていました。

 やはり、チームのメンバーがバーチャルだったとしても

 お互いの「信頼」関係の重要さを再認識させられました。

 

と書いてみたら

やはり記事まで盛りだくさんになってしまった1日でした。

 

次回は5/22、テーマは【品質管理】となります。

 

https://www.facebook.com/events/167226867434340/

 

ぜひご参加をご検討ください!

日本初 APMP Foundation 公開トレーニング+テスト実施

プロポーザルマネジメント の専門知識を世界に証明する APMP Foundation 認定のトレーニングとテストを去る4月22日に開催いたしました。ほぼ毎週勉強会を開催しているメンバーを中心に、APMP日本支部会員の要望にお応えする形で会員限定で開催させていただきました。会員限定ではありますが、日本では初めて公開テスト開催となりました。

 

APMP 認定資格制度についてはこちら

 

APMP Foundation 認定テストでは、どのような問題が出題されるかというと

例えばこのような問いです。

 

Q. 3日後に提案書を提出するように要求されました。限られた時間を有効に活用するために何から取り組みますか?

 

Q. 優れた提案とは?

 

Q. 提案戦略の考え方は?

 

APMPの知識体系はこれらの答えが書かれているわけですが、

これまで断片的だった知識が

今回の認定対策トレーニングを通じて、点と点を線で結び

実務でどう生かすか、今までよりも明確に掴んでいただいたようです。

 

ほぼ毎週勉強会を開いている皆さんには

なんとしてでも合格いただかねばと全力でトレーニングをさせていただきました。

結果は、無事全員合格でした。

 

日本でただ一人しかいないAPMP Proposal Professional 認定取得者として

なんとかこのノウハウを日本の皆さんに知っていただきたい、

提案活動に役立てていただきたいと、

取り組んできたのですが、

Foundation 認定取得者の皆さんに一部ではありますが引き継ぐことができ、なんとなく肩の荷がおりた感じがしています。

 

今回合格した皆さんには、私と一緒に、この分野の日本での活かし方を考えて行動していただけたらと期待しております。