· 

提案領域における生産性の高い働き方

今回のブログは、7月3日に開催したイベントの報告です。

日本は世界的にみて生産性が低いとされていますが

提案活動という切り口で、

海外との働き方との違いについて、情報共有を行いました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今回は、APMPで7月3日に開催した「提案領域における生産性の高い働き方」セミナーに参加しました。

 

https://www.facebook.com/events/181930269178719/

 

先日開催された国際カンファレンスの報告も交えて、日本と海外の状況の違いがある一方、提案活動を通した共通課題について話が出て興味深かったです。

 

プロポーザルマネージメントを定着させる方法として、プロポーザルのプロフェッショナルを育成し、(大規模な)提案プロセス管理を営業に代わって実施する。提案書作成の集中化で作られた資料でセルフサービスモデルを展開する。など、様々な取り組みを知る事が出来ました。一方で、実際の現場で体系化された提案作成のやり方やスペシャリストを浸透させるための具体案についてなど議論が白熱しました。

 

海外の場合、プロポーザルマネージャーや、プロポーザル領域の各職種のスキルセットがある程度定義されていて、日本との差も感じる一方で、海外でも裏方と認識されていて、地位向上や評価向上が主題となるなどかけ離れた状況でもないのかと感じました。

また、プロポーザル組織の運営の仕方も、支援する範囲や内容がいくつか分類されている点や、各プロセスがきちんと定義されている事で、数多くの提案を効率的に実施する工夫などが面白かったです。一方で、従来型のタスク構造を否定して、アジャイル開発の考え方を取り入れた提案書作成プロセスにチャレンジしている会社の事例など、今も変わり続けていると理解しました。

 

とはいえ、営業の無茶振りにたいする格闘ぶりがライトニングトークにもなるなどと聞くと、そこはどの国でも変わらないのかと親近感を感じます。色々な話が聞けて、議論もして、とても興味深い時間でした。

 

また、日本のAPMPでは外部向けの広報なども積極的に取り組んでいるところですが、海外でも会員以外に向けた情報提供などにも力を入れているみたいです。

 

https://winningthebusiness.com

 

最後に日本のAPMPについての宣伝ですが、【初心者にもAPMPの世界を体験してもらうワークショップの「プロポソン」】が7月14日に開催されます。

 

https://www.facebook.com/events/647891988936072/

 

また、隔週で開催しているAPMPのBOK(知識体系)についての勉強会も開催しています。次回は、7月10日にテーマは、【コンテンツプラン】と基本の中でも重要なパートとなります。

 

https://www.facebook.com/events/196858124437093/

 

ご興味のある方は、それぞれのイベントページからご検討ください!