2015年の活動報告

2015年11月に設立いたしました一般社団法人プロポーザルマネジメント協会は、

2015年の2ヶ月間、主に2016年からの本格的な始動にむけて、協会内の基盤固めに注力して参りました。

他言語に先駆けて世界標準提案メソッドの日本語化が決定

11月18日にはキックオフに70名を超えるご支援者の方々にお集りいただき、今後の活動計画に対するご期待や、アドバイスを賜りました。
また、当日は、世界各国に拠点を持つプロポーザルのプロフェッショナルの非営利団体APMP (Association of Proposal Management Professionals) のExecutive Director のRick Harris が来日し、APMPが長年に渡り蓄積した知識体系や教育コンテンツの日本語化を通し、日本におけるプロポーザル業界の発展を支援するとの声明が発表されました。英語のみであった教材類が他言語に先駆けて日本語化が優先されたことは、APMPの日本支部として日本の個人や企業への貢献をざす私どもとしては喜ばしい決定となりました。

日本で唯一のAPMP認定トレーニング組織として選定
さらに、12月には、日本プロポーザルマネジメント協会は、日本で唯一のAPMP認定トレーニング組織として、活動することが認められました。この認定トレーニング組織となったことにより「プロポーザルマネジメント」の知識体系に関する世界標準トレーニングを、日本のみなさまに提供できるようになります。この決定を受けて海外の各組織と連携し日本語での教材開発を着手いたしました。

またこの期間は、私どもの活動が日本の企業のみなさまにどのような貢献ができるのか、様々な企業を訪問させていただきご意見を頂戴いたしました。

これらの結果をふまえて2016年の活動を行って参ります。
ご協力賜りました皆様方、誠に有難うございました。